2011/12/28

チェット・ベイカー、不条理への悲痛な叫び。

Chet Baker and his wife Halema


モダン・ジャズを”ダンモ”と呼んだ僕が学生だった頃。
ホットだったイースト・コースト・ジャズよりも、
西海岸の白人ミュージシャンによるクールでオシャレな
ウエスト・コースト・ジャズに痺れていた。
その代表がハンサムなチェット・ベイカーだった。

サルトルの実存哲学やカミユの「異邦人」などを読み耽り
強く影響されていた当時の僕には、
彼のビブラートをかけず絞り出す様なトランペットの響きが、
世の不条理に対する悲痛な叫びの様に聴こえた。



Chet Baker & Paul Blay --Diane " If I should loose you "
1985年チェット・ベイカー晩年のアルバム"Diane"から、
タイトルの"Diane" はチェットの恋人の名前。
チェットを気遣う様なポール・ブレイのピアノには泣いてしまう。


若い頃はジャズ界のジェームス・ディーンと騒がれ
人気の高かったチェット・ベイカーが、
何故に、ドラッグに溺れ、衰えて破滅に向ってしまったのか。
それは、得られなかった名声や貧困ゆえでは無い。
ただ請われるままに唄い演奏した不遇への嘆きでもない。
多くの芸術家を気取る自称アーティストのような
商業主義に満ちた低俗な名声など、
もともと彼には無意味で望みもしなかった。

彼が求めたのは、到達することなどあり得ない完璧。
それ故、常に満たされ得ない自己とのギャップへの絶望。
不可能と知りつつも、なお求め続けてしまう
焦りと葛藤する心の苦悩・・・
そんな彼の自己への厳しさだったと僕には思える。


1988年5月13日、チェット・ベーカーは
オランダアムステルダムのホテルの窓から転落死した。
転落の原因は定かではない。

ラルフ・ローレンやカルヴァン・クラインの写真で知られる
ファッション写真家ブルース・ウェーバーによる
チェットの自伝的ドキュメント映画「Let's Get Lost」は
とても興味深い。

”Everytime We Say Goodbye"・・・





..

4 comments:

aisha said...

good blog..nice article publishing by you...appreciate on you...thanks for giving detail..
Mercury Marauder AC Compressor

K.Keiji said...

To: aisha,

Thank you very warm welcome comment from California.
Your company's address, the beautiful San Diego!
The past, My Jaguar XK120 bought in San Diego.
San Diego is the place to visit and I think all the time...

Anonymous said...

hey there wkeiji.blogspot.com blogger discovered your site via Google but it was hard to find and I see you could have more visitors because there are not so many comments yet. I have found site which offer to dramatically increase traffic to your blog http://xrumerservice.org they claim they managed to get close to 1000 visitors/day using their services you could also get lot more targeted traffic from search engines as you have now. I used their services and got significantly more visitors to my site. Hope this helps :) They offer most cost effective backlinks service Take care. Jason

pepekeiji said...

Mr.Jason.
Thank you kindly advice.
However, my blog that I enjoy with us fun and companion of my own purposes.
If I am hope many more visitors, will make a more general content.
Future, when I start a new blog, consider a site that you gave us advice.
Thank you for your kindness.

Post a Comment