2011/12/26

タキシードに白い絹のスカーフで。

もう着る機会も無くなったタキシードと
スエードのドレスシューズ。

この季節、夜の六本木交差点辺りで
タキシードに白い絹スカーフを首に垂らし
女性をスマートにエスコートして
タクシーから降りる、なんて如何?

まだ僕が遊んでいた頃の赤坂や六本木には
そんな男が居たのだが・・・




これは1980年頃のディーン・マーチンだろうか?
今観ても、キザで不良っぽい"Dino"の雰囲気は最高だ。
唄はグレン・キャンベルが唄ってヒットした
ジミー・ウエッブの”By the time I get to Phoenix”
ディーン・マーチンが唄っている。

By the time I get to Phoenix she'll be rising
She'll find the note I left hanging on her door
She'll laugh when she reads the part that says I'm leaving
Cause I've left that girl so many times before
By the time I make Albuquerque she'll be working
She'll prob'ly stop at lunch and give me a call
But she'll just hear that phone keep on ringing off the wall that's all
By the time I make Oklahoma she'll be sleeping
she'll turn softly call my name out low
And she'll cry just to think I'd really leave her
Though time and time I've tried to tell her so
she just didn't know I would really go



...

2 comments:

S.K said...

keiji様
今日日は六本木当たりでもタキシード姿の方は見かけないですね。
ご機会があればタキシード姿で瀬理奈あたりでお食事をご一緒したいです。残念ながら僕は結婚式の時に貸衣装のタキシードを着た経験しかありませんが・・・

K.Keiji said...

S.K.さん、

瀬理奈かあ〜 懐かしいなあ〜
ぜひ来春は、食事をご一緒下さい。
タキシード姿だと仮装パーティの帰りに見られそうなので、
ドレスコードはカジュアルにしましょう。アハハ

Post a Comment