2011/12/30

野兎は、どんな巣穴で寒い夜を過ごすのだろう・・・





深夜0:10分帰宅、外気温は氷点下9.5℃
ヒーターで暖まった頬に冷たい空気が心地良い
南の空にオリオン座が輝いている

先ほど、ヘッドライトに驚いて飛び出した野兎は
どんな巣穴で寒い夜を過ごすのだろう

柔らかで暖かい筈の落葉も固くなり
地面は深さ1メートルほど岩のように凍り付き
所々で霜柱が土を割って盛上がっている

年が明ければ、雪が厚く野兎の巣穴を覆うから
少しは暖かい夜を過ごせるのに・・・

また、年が静かに過ぎて行く



今年は公設派遣村を開設しないそうだ。
貧困問題に関して、あれから何の政策も採られず、
貧困率も高いままだ・・・


...

2 comments:

s-geru said...

さすがkeijiさん!!夜も寒さも強いですねー。また夜中の別荘も凄くカッコいい。貧困問題他色々な問題等、国会議員には全く期待出来ないので、橋下市長に期待しております。今年は色々教えて頂き本当に有難う御座いました。
来年もお会い出来る事を楽しみにしております。良いお年をお迎え下さい。

K.Keiji said...

s-geruさん、

若い時からの癖で、未だに夜型人間です。
寒さには、ここで暮らし始めて慣れてしまい野ウサギ並みです。

問題山積の日本はどうなるのでしょう?
果敢に変革を進めている若い政治家に期待しています。
こんな時代ですから、来年のブログでは
贅沢な遊びクルマの話は避けようと思っています。

今年は、暖かい励ましを一杯頂き有り難うございました。
良いお年をお迎え下さい。Keiji

Post a Comment