2011/09/10

恐怖 ( Mariza - Medo )



ポルトガル語の”Medo”は英語では”Fear”。
夜への恐怖と心の葛藤を唄っているが、詩の最後の言葉、
But I know that it will wait for me
By the bridge at the end of the road が
ムンクの絵「叫び」を連想させる、大好きなファドだ。
アマリア・ロドリゲスの唄で知られるが、
今風に唄うマリーザも素晴らしい。

"Fear"

Who sleeps with me at night
Who sleeps with me at night
It's my secret, it’s my secret
But if you insist, I’ll tell you
But if you insist, I’ll tell you

Fear lives within me
Fear lives within me
But only fear, but only fear

And I give in for it keeps rocking me
And I give in for it keeps rocking me
to and from in a rhythm of loneliness
It speaks with the silence
It speaks with the silence

With a voice that breaks out
And disturbs our reason
And disturbs our reason

To shout: Who can save me
To shout: Who can save me
from what’s inside me
It would even kill me
It would even kill me

But I know that it will wait for me
By the bridge at the end of the road
By the bridge of the end of the road

詩は、日本語に意訳するより意味が伝わるから、
ポルトガル語を英語に直訳したものである。

...

2 comments:

habaner said...

詰まるところ死への怖れなんでしょうか。
よく似た詞の展開としてムスタキの「私の
孤独」を思い出しました。

K.Keiji said...

habaneraさん、

仰せの通りだと感じますが、如何様にも解釈出来そうです。

嵐で帰らぬ漁夫を、いつまでも橋の袂で待ち続ける女の孤独感。
そして、一人では生きられないと死をも願う乱れる感情では、
と想像しますが・・・
これはポルトガルの有名な詩だそうです。

ムスタキの「私の孤独」は、孤独と一緒に住んでいるから
淋しく無い。と唄っていますが、
男だから強がっているのでしょうか・・・

Post a Comment