2011/03/12

ローソクは教えてくれる


ガレージを塗装してくれたペンキ屋さんが
わざわざ山を登って数本のローソクを届けてくれた
その暖かい気持ちに胸が熱くなった

昨夜は停電でストーブは使えなかった
氷点下15℃と極寒だったから
月の光が雪の斜面に描く木々の白黒のシマ影を
眺めながらウイスキーで暖を取り
ムートンのB3を着込んでベッドに潜った
ひたすら朝の光を愛犬ぺぺと待ち続けた

携帯ラジオの発電ダイヤルをグルグル回し
雑音と共に聴こえて来る惨状に恐れおののいた
ローソクの灯りだけが頼りだった

終戦直後に経験した南海大震災から学び
反対だった原子力発電の愚かさも
今となっては もう嘆いても仕方が無い
ただ無事を願うだけだ・・・

" WHAT IS THE PROGRESS ? "
文明の利便性のみを求め過ぎている日本人に
変革への覚悟が求められている

...

2 comments:

Habanera said...

大変でしたね。
でも日本人は必ず立ち上がる。
日本は負けない、これを機に必ず質の高い国になる。
メルトダウンだけは避けられないものかと思います。

W.K. said...

habaneraさん、

電気が回復して観たTVの映像、想像を超えていました。
高齢化した地方の現状を考えると、心が痛みます。

これを機に、経済優先ではない誇り高い政治経済、教育を取戻し
真の豊かさに満ちる国家建設に立上がって欲しく感じます。

今回の多大な犠牲を無駄にしないため、
原発に依存し無い発電システムを開発し世界をリードして欲しいと
願って止みません。

Post a Comment