2010/11/09

楽しく苦しい旅だった



高野山へ三日間の旅だった
ぺぺの生家のアイルママと息子と
雨は降りそうで降らなかった
XK120は壊れそうで壊れなかった

山小屋に帰り着いて翌朝
後輪がパンクしていた
息子のプジョーと一緒に
深夜の伊勢湾岸と東名高速道を
真っ暗闇の西富士道路を
ぶっ飛び過ぎたからだろう
睡魔を吹飛ばす為に
...

4 comments:

アイルママ said...

本当にお疲れさまでした!帰ってからどっと疲れが押し寄せましたが、とても楽しくリフレッシュできました。爽やかな好青年の息子さんにもお世話になり有難うございました。また誘って下さーい!

Keiji said...

アイルママさん。
寒いクルマでお風邪など召さなかったか心配しています。
奥の院入口の水掛け不動にお参りしたからか、無事に帰り着きました。
すぐに爆睡、起きてペッちゃんこのタイヤに気付き、驚きました。
タイヤがパンクするなんて半世紀ぶり、走行中だったら大変でした。

ハイウェイ・スター said...

こんばんはー、keijiさん。

お疲れさんでした!
土曜日はお会い出来て、見に行った甲斐がありました。
この記事の写真と内容からして、ひょっとして自走で往復されたんですか!?

パンクも危なかったですね。
ああいうタイヤはパンクしたら、その場でペチャンコになるのと違うんですか?

Keiji said...

ハイウェイ・スターさん。
ゆっくりお話ししたかったのですが、お客さんが重なって失礼しました。
関西に帰るコトもありますので、その時はお時間下さい。
ボディカバーのお礼も言い忘れていました。

今回も自走での往復でした。帰りは高速より空いている国道42号を走り
有田インタ–で高速に乗ろうとしたのですがアプローチが大渋滞、
坂道発進1m刻みで約30分程掛かり苦労しました。
結局10時間も掛かって山小屋に辿り着きましたが、疲れ果てました。

西富士道路や冨士山麓のタイトなワインディングは慣れているので
カウンターカウンターで攻めたからでしょうか、ハハハ
後輪だったとは言え、高速道だとヤバかったですね。

Post a Comment