2010/11/04

希少なXKSSで高野山を走った

photo: Steve McQueen

ヴェトロモンターニャを走る赤いXKSSと僕
残念ながらEタイプをベースにしたレプリカである
でもアルミボディでエンジンはドライサンプだから
むしろDタイプベースと言えなくも無い
クラシックジャガーの中で最も稀少で億単位
XKSSの本物なんて億万長者でも手に入らない代物だ

高野山ヴェトロモンターニャの規則で
レプリカのエントリーは認められないのだが
XKSSに免じて走らせて貰った10数年前の写真である
左サイドから出ているエキゾースト・パイプで
脚を火傷したことを懐かしく想い出す
もし赤いボディが紺色か濃いグリーンだったら
迷う事無く愛車にしただろう

XKSSはレーシングカーDタイプのショートノーズを
ベースに造られたロードゴーイングバージョンである
エンジンやメカニズムはDタイプと全く同じだが
(power 260bhp/6000 rpm torque 260ft lbs/4000 rpm)
日常での使用を考慮しボディや内装に手が加えられている
1957年2月12日に発生したジャガー工場の火災により
生産台数は僅か16台とDタイプをコンバージョンした2台のみで
スティーブ・マクイーンの愛車としても知られている
...

2 comments:

habanera said...

7~8年ほど前、EタイプベースのレプリカDタイプを持つ知人と併走。トンネルに入ったら内壁に木霊するエグゾースト音に痺れた記憶があります。
そいつ、今はMGTAとTBに乗ってます。

Keiji said...

habanera さん
XKエンジニアリング製のD-typeやライトウエイトE-typeのレプリカ、
良く出来ているので欲しくなりますね〜 
ヒストリーや希少価値に優越感を感じる不純な骨董趣味のオタク人より、
レプリカで惜しげも無く走りを楽しむ人の方が、むしろ純粋に思えます。

高野山ではMGカークラブのTCの方と一緒に走りました。
レッカーを覚悟する程の高速道登りでの大渋滞、
何とか凌ぎ、互いを称え合いました。ハハハ

Post a Comment