2010/10/13

誇り高き男達


Miner Daniel Espinoza waits outside
a collapsed copper and gold mine
to help in the rescue effort
for 33 trapped miners in Copiapo, Chile.
Saturday Aug. 7, 2010.
The mine collapsed Thursday.
(photo by newsobserver.com)

地下約700メートルに閉じ込められた
鉱夫達は仲間を先に助けて欲しいと譲り合う
「自分の救出は最後で構わない」・・・
作業員の救出 14日完了と大統領

誇り高きチリの男達に乾杯!!

...

4 comments:

Anonymous said...

鍋島です。
チリ。一言で表現すればエレガントな男性。
幼少時代の経験で恐縮ですが、こんな事がありました。
拙い前置きをしますと、チリはヨーロッパの影響を強く受けた国の歴史があります。 彼らが帆船を作りました。 それはエレガントで男性的な船でした。 進水式の時、華やかなバンド演奏と共にシャンパンを船首で割って海に処女浸水をした次の瞬間、船はそのまま海に倒れてしまったのです。驚きました。チリが今回またしても世界的に有名になったのは嬉しい限りです。彼らは一方非常に美食家で牡蠣が有名、今は全く味が落ちましたが、これと大統領ご用達のこの間終売になったクーショデマクールと言うワインが世界で最も旨いと言われたグルメの一つでした。粗野な渋みとワイン。正にバイキングの特権をも感受していた国民。
人生の何たるかを語る国でしょうか。無邪気な男性と北欧と南米の混血である世界三台美女の国。もう一度住みたいですね。 ジャガーEタイプに乗って、ローズ社のライムでシェイクしたギムレットを飲んで。

Keiji said...

鍋島 様

貴方の第二の故郷、さぞかし今回の事故は心配されたことでしょうね。
今回、チリの人々が持つ精神性に強く感動と尊敬の念を抱きました。
そして、豊かさとは、優しさとは、強さとは、何かを教えられました。

教えて下さったチリ・インターナショナル・スクールのサイトで知った
チリの美しい自然や豊かな環境、人口の88%がカソリックと言う
精神性がこんなにも素晴らしい人々を育んでいるのでしょう。
我が国の現状に比べ、チリと言う国家が羨ましくなってしまいました。

今回の無事生還にかかった費用は、僅か約16億2000万円だったと
地元テレビのインタビューで大統領が明らかにしたそうですが、
巨人軍の投手獲得に10億円などと語る読売新聞社主の話を聞きながら
日本と言う国に絶望してしまいました。(貨幣価値の違いを超えて)

クーショデマクールと言うワインと牡蠣・・・
終売になる前に味わってみたかったですね〜
世界三大美女の国・・・
若い頃に訪れてみたかったですね〜
今夜は、南米産のマタフィナの葉巻"DONA FLOR"でも
燻らせてチリを偲びます。

Anonymous said...

鍋島です。

申し訳ございません。
ワイン名を間違って記載してしまいました。
正しくは コーシニョ・マクール(Cousino Macul)
日本では終売ですがワイナリーは健在しております。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2043879/458538

http://www.cousinomacul.com/wines_up_ft.html

ご参考になれば幸いです。

Keiji said...

鍋島 様

とても興味深い情報、有り難うございました。
この由緒あるワイナリーから出ている、とても旨そうな
Vina Quebrada de Macul "Domus Aurea" 2004 Upper Maipo Valley
を見付けてしまいました。
冨士山麓ゆえ新鮮な牡蠣は無理なのですが・・・

Post a Comment