2010/07/09

日本は12歳の少年である



参院選が11日に投開票されるが
絶望的に成らざるを得ない
そして終戦の日の屈辱を想い出す

連合国軍最高司令官
ダグラス・マッカーサー元帥の言葉
「政治・芸術文化の成熟度において
アングロサクソン民族が
45歳の壮年に達しているとすれば
日本は12歳の少年である
まだ理想を実現する余地はある」
これは新生日本を擁護しての
スピーチではあったが
日本人には堪え難い屈辱であった

あれから65年の年月が流れたが
これまでの日本人の努力は何だったのか
未だ我々は12歳の少年のままで
むしろ幼児化してしまった・・・


...

8 comments:

Anonymous said...

いつもブログを楽しく拝見させて頂いております。
偶然私もジャガーxjrとポルシェ911カレラを一介のサラリーマンですが成り行きで所有しております。
葉巻にもハマっており親近感を感じて拝読しております。
1964年に昭和一桁生まれの元軍人の父の仕事について行き幼少時代を海外で過ごしました。当時はまだ海外は日本人が住むにはまだ辛い時代でした。 帰国した時に、平和ボケしている東京の街を見て無邪気な国民なんだと感じたと同時に子供心に遣る瀬無い思いでした。最近は、日本は結局生長せず、また戦後の状態に戻ったのかの様な感を覚えております。

Keiji said...

この拙いブログへのコメント有り難うございます。

ジャガーXJR、ポルシェ911カレラ、シガー、そして軍人のお父様・・・
世代が違うとは思いますが相通ずる何かを感じてしまいます。
そして、XJRやカレラ、またお好みのシガー等について
いろいろとお話を聞きたく願ってしまいます。

海外でお育ちになった方ならお感じでしょうが、
全てが低俗お笑い芸能化した現在社会にはウンザリしています。
海に囲まれた島国故でしょうか?農耕民族故でしょうか?
今こそ先人達が目指した「和魂洋才」の志しに
立ち返りたいものです。

がらくた・おやじ said...

マスコミが社会を先導する役目を負う自負心は消えた。
場当たり主義の拝金主義者を英雄視する風潮を生み出す。
重箱の隅を穿り出し、本質を撹乱する。
平和ボケした盲目的な大衆、底の薄い吉本新喜劇のTVの独占、稚拙を通り越し、幼児化する民衆。
金の怨霊に取り付かれた輩の厚顔無恥。

同じ島国で、大海に乗り出した英国、鎖国した日本。
300年の時間がその後に大きく影響する。
時の為政者の罪と罰。

葉巻も嗜せず、国産の大衆車をのる小市民であるが、今のご時勢にはム~~~としている。
本日も、路傍の石で、汗を流す。

Keiji said...

がらくた・おやじサン、
いつも貴殿のブログを興味深く拝読させて頂いていますが
「今のご時勢にはム~~~としている。・・・」と
表現される現状を憂うコメント、とても慰められます。

しかし、小惑星探査機「はやぶさ」成功のニュースや
サッカー日本代表の本田選手が高額のTV出演依頼を蹴って
出身の小中学校でスピーチをしていたニュースや、
ゴールキーパーの川島選手の入団会見での語学力を知ると
若い世代に大きな希望を感じています。

Anonymous said...

コメントを載せて頂いて有り難うございました。
バブルと人の冷笑のお笑いが蔓延している日本です。
今日は、生きた魚を5歳の息子と7歳の娘に自分で捕まえ食べさせ命の大事さを知って欲しいと願った晩でした。

鍋島

がらくたおやじ said...

kenjiさま
闇が暗いので、かすかな光が余計に目立ちすぎるのかもしれません。
kenji様が住む世界。
そちらには、大自然の畏敬・摂理が生きており、人間は謙虚に生きよ!!!と、自然という偉大なる師が教えているのでしょうネ!!

Keiji said...

鍋島 様
お子様達への自然を通じての情操教育、
その情景が目に浮かぶ様で、私まで豊かな気分になりました。

お名前から、もう十数年も前に若い友人を通じて
お話させて頂いた事のある方を思い出してしまいました。

Keiji said...

がらくた・おやじサン、

冨士山麓の自然から、もっともっと学ばねばと思いながら、
結局は、自己に都合の良い事ばかりを学び
未だ俗物の域から抜出せません。ハハハ

Post a Comment