2011/12/09

ペンハリガンとヤードレーの残り香

写真はまだ数本持っているペンハリガン。写真下はヤードレーのセット。

40年も昔、日比谷の日活国際会館裏にあった舶来雑貨店で、
1960年代のアメリカ雑誌”Esquire”によく広告が出ていた
ヤードレーのアフターシェーブを買っていた。
赤と黒と金色でYの字をデザインしたラベルが恰好良かった。
皮膚が引張られる様な強烈な刺激も好きだった。

その後、ロンドンのジャーミンストリートで見付けた
ビンに蝶ネクタイを巻いたお洒落なペンハリガンを使っていた。
少し香りが強過ぎたがヤードレーの様な刺激が気に入った。


30数年前、さる男性化粧品の広告を担当していた頃、
いつもグレーのソフト帽とバーバリーのコートを粋に着こなし
業界随一のダンディで知られたK重役に会議の席で尋ねた。
「アフターシェーブローションは何をお使いですか?」
「ひげ剃り後は水をパッパと付けるだけだ・・・」と
K重役は事も無げに答えた。

それ以来、
僕も冷たい水をパッパと付けて済ませている。



...

3 comments:

X33 said...

ペンハリガンですか。
私は長年ペンハリゴンと呼んでましたが・・

K.Keiji said...

どちらでも良いと思います。
僕も使っていた当時はペンハリゴンと呼んでましたが、
所詮、日本に進出するほど大衆化した化粧品。
日本法人ではペンハリガンと呼んでるそうです。

ジャガーをジャギュアー、ボルボをヴォルボとか、
ゲーテをギョーテとか、カタカナ表記は気にしません。

K.Keiji said...

ジュピタービーチさん。

ご連絡、有り難うございました。
そしてお気遣い下さった件、嬉しく感じました。

来春、暖かくなれば関西に帰りたく思っています。
その時、S-geruさんもお誘いして
大阪でお茶でもご一緒したいですね。

Post a Comment