2011/09/17

” タリスカー ” ( Made by the Sea )


お気に入りの河口湖にあるシガーバー:オスクロー。
レーシンググ・サービスとアストン・マーチン修理で知られる
グランドオートのS 氏と呑みに行ったが、
彼が頼んだスコッチは「タリスカー」だった。

スコットランド・インナー・ヘブリディーズ諸島の
最も北方に存在する最大の島、スカイ島。
Eilean a' Cheò「霧の島」と言う名でも知られ、
またゲール語の"sgiath"は「翼」の意で知られる。
この島で唯一の蒸留所が 産み出すシングルモルトウイスキー
それが"TALISKAR"(リンク)である。

タリスカー・・・何と言う無骨な響き。
その名に魅せられ「タリスカー」を調べてみた。
火酒と呼ぶに最も相応しいモルトなどと書かれているから、
酒に弱い僕はノックアウトされるだろう。

しかし、スカイ島の岩磯に砕け散る北海の荒波や、
荒涼と吹き荒ぶ嵐で灰色に煙る故郷の海を想いながら、
あおってみたくなってしまった。

...

4 comments:

Anonymous said...

鍋島です。
お久しぶりです。
タリスカー。
別名、魔女の酒。バーでこれを飲むと次がない。

燃え尽き疲れ果てた魂に、これを煽ると、不死鳥の如く暑い炎が心燃え盛る。
いま、マーラー交響曲第五番四楽章に合いますね。

K.Keiji said...

鍋島 様

お久しぶりです。素敵なコメント有り難うございました。

タリスカー、知れば知る程、興味が沸くスコッチです。
スカイ島の霧や、荒れた海を眺めてみたいですね〜
どうやら、今の僕には必要な酒の様に思えて来ました。
やっぱり、マーラーの交響曲5番4楽章は
「絶望の末の諦め」では無く、
心の奥深く燃え続ける想い「愛の楽章」なのでしょうか・・・

Anonymous said...

大兄様
経験の多さ、洞察力の深さ、何よりも男の優しさ、コメント有難うございました。 まだまだ小生は愛を語るほどの人間ではございません。ただ、この時代いよいよ何かに突き動かされる想いがします。 
今日は残り少ない最も良い年のボトリングと言われた年のタリスカー18年をあおってみます。 今からが正念場でしょうか。 

K.Keiji said...

「今からが正念場でしょうか。」のフレーズ、
貴方のご心情が察せられ頼もしい感じがいたしました。

シガーでも燻らせながら、 チリでの出来事や酒や葉巻について、
いろいろと語り合いたいですね〜

Post a Comment