2011/05/27

名犬ラッシーに愛犬ペペを見る


何処へ行くのも何時も一緒の相棒ぺぺ
僕の行動パターンに合わせて朝弱く夜は強い
9歳になって顔が白くなり始めた・・・

常に犬と一緒だから愛犬家に見られるが
猟犬以外の犬には興味が無いし
犬に服を着せたり「・・ちゃん」などと呼ぶ
犬を擬人化した愛犬家は大嫌いだ
子犬時代のぺぺに対するトレーニングは
周囲の人が眉をひそめるほど厳しく躾けした
リード無しで放任しているのは
犬が持つ資質を信じているからである

始めて犬を飼ったのは小学校の頃だった
1943年のアメリカ映画だが戦後の日本で上演された
映画「名犬ラッシー/家路」が切っ掛けだった
少女時代のエリザベス・テーラーが出演していたが
少年ジョーとラッシーの友情の物語だった

ラッシー は美しいコリーだったが
終戦後の日本にコリー種なんか存在せず
何処からか祖父が貰って来て呉れた雑種の子犬が
僕の愛犬となり「マリ」と名付けた

当時の犬は放し飼いが普通だったし
まだドッグフードなんて存在しなかった時代
朝は小学校の校門まで付いて来て
学校が終わるまで辺りで昼寝して待っていて
勉強が終わると悪童達と裏山で遊ぶのが
マリと僕との日課だった・・・

そして今もあの頃と同じ様に
アイリッシュセターのぺぺと過ごしている

下のYouTubeは1943年の米映画では無く
2005年に英国でリメイクされた「ラッシー」である
ドイツ語版を使ったのは映像が美しく
無粋な広告が入らないからである



...

2 comments:

アイルママ said...

pepe嬢が元気で何よりです、もう9歳ですからお顔のちらちら白いのもしょうがないですね。アイルはもはや開き直ったオバサン・・都合の悪いことは聞こえず我が道まっしぐらって感じです。

W.K. said...

アイルママさん、

ここ1年、ぺぺには男友達が一杯出来ています。
リオン君、ドルチェ君、チャッピー君、ショー君、トト君など、
でも犬より人が好きで管理人のSさんが特にお気に入り。
出会うと喜んでヒイヒイ言ってキリキリ舞いします。
ただ、もう歳だからと食事のとき甘やかしたのが敗因で
僕の食べるモノを欲しがって図々しくなってしまいました。ハハハ

Post a Comment