2011/02/21

ピューターのヒップ フラスコ



ネットでのウインドショッピングは
退屈な田舎暮らしをする僕の楽しみである
こんな魅力的なモノを見付けた
1900年代エドワーディアンで(写真下左)
純銀製の型ちの良いヒップ フラスコ

ただアンティークは魅力的だが
持主の怨念が宿っていて呪われそうだし
飲物を入れるから余計に気味が悪い
しかも酒には純銀製よりも
錫を主成分とするピューターの方が望ましいと
見付けたのが現代のピューター製フラスコ
英国の名門 Sheffield製で(写真下右)
クラシックなデザインと雰囲気に加えて
モダンなストライプが実に美しい

まあ コレをポケットに持ち歩くほど
僕は酒が好きな訳でも無いし
英国のjaguar Drivers Clubに入会した時に
買ったSheffield製のヒップ フラスコを
すでに持っている(写真上)

ああ〜いまだ物欲から抜出せない
己の愚かさを嫌悪する・・・

「いつ歎きいつ思うべきことなれば
後の世知らで人の過ぐらむ」

西行法師「新古今和歌集」より

..

2 comments:

がらくた親父 said...

趣味の良い物を持つ喜びは、価値感が共有できる人にプレゼントすることです。
所有する喜び、分かち合う喜び、喜びは倍増されます。
物欲の極みです。(^0~)

Keiji said...

がらくた親父さん、

車仲間、刀剣仲間、葉巻仲間、犬仲間などなど、
確かに物欲の極みです。
そして、未だ趣味的物欲が存するのは
生が続く証だと諦めています。

Post a Comment