2010/07/22

Dreams of Montecristi


南米エクアドルのモンテクリスティで
作られる極上のパナマ帽に憧れる
熟練の職人達が3ヶ月も掛けて丹念に編み上げる
ヒピハパの細い繊維の表面を均一に
丁寧に編み込むから布の様にしなやかだ

編んだ職人のサインが誇らしげに入る
モンティクリスティのパナマ帽
いつも購入するロンドンの帽子店
ジエームスロックから送られて来るカタログの
”Superfine Montecristi Trilby”
Each superfine hat is endorsed
with a Montecristi stamp
and the signature of the weaver.
に僕は憧れ続けている

オープンのジャガーに巻込む風で
お気に入りのパナマ帽を無様にも飛ばし
後続車3台に踏まれダメにしたので
スペアにと購入したのがまだ3つもある
モンティクリスティは
憧れで終わってしまいそうだ


...

4 comments:

がらくたおやじ said...

keiji大兄へ
貴兄のブログを読み、シーズン初めにつば広のパナマを購入しました。
秋には、フエルトのハットに挑戦です。
ちょっと、背筋を伸ばし、凛としたいものです。


風には要注意、つば広帽子はよく風を捉えます。
チェーンは付けておりません。(@0@;)

がらくたおやじ said...

追記
時々、強い風が吹くと、Hatする瞬間があります。
強風帽子に鎖は必要でしょうか??

貴兄の嫌いな駄洒落で、Hatが落ちそうにもありません。(汗)

ガラクタ親父 said...

keiji兄さんへ
訂正してください。
強風帽子ではなく、こいつは落下帽子でした。ここで、落ちがつきました。(爆)

Keiji said...

がらくたおやじサン

広いブリムのパナマ、さぞかし素敵でしょうね。
車でなくても風の強い日は”HAT”しますからチェーンは必須。
首から下げる眼鏡用チェーン両端にネクタイピンを付けて作って下さい。
帽子中側のスエットバンドに片方を、上着やシャツの襟にもう片方を。

若者に流行っている帽子、狭いブリムをアミダに被り喜劇役者的で滑稽!
「狭いブリムは背が低く見える」と言う帽子屋の助言/常識は大間違い。
日本人の扁平な大顔をスマートに見せるには巾広ブリムです。
顔を良く見せるか、長身に見せるか、二者択一。ハハハ

ソフトは、ハンフリーボガードやフレッドアステアーの帽子姿を参考に、
ヤカンの蒸気でブリムやクラウンのシェープを粋に歪めて下さいね。
不良少年時代の学生帽や学生服を弄った感覚で・・・

Post a Comment