2010/07/31

人間は傲慢過ぎる


心が痛む写真だが敢えて出す
夏休みで富士山方面にお出掛けの時は
道路を横断する鹿にご注意ください
鹿は道路を直角に飛び出し横切るから
悲惨な衝突事故が絶えない
毎日 僕が出会っている鹿の親子連れ
車慣れした様子なので心配だ

もともと冨士山麓は野生動物の土地
人が街を作り畑を作る権利など無いのだ
畑を荒らされたなどと文句を言うのは止そう
鹿が繁殖し過ぎようと 絶滅しようと
傲慢に人間が制御すべき事では無い
自然の摂理に任せるべきだ


...

2 comments:

がらくたおやじ said...

Gibier料理を嗜好されたかと思いました。
食物連鎖の頂点に立つ人間がすべきことを考える。

交通事故で、不慮の死を遂げた鹿は胃袋には入らない。
単なる、道路への残置物??それとも遺失物扱い??

肉屋に売って、現金化して、遺留するのか??
残置物であれば、廃棄処分。

Keiji said...

がらくたおやじサン、

マグロ漁船の甲板で目を剥いて跳ねる哀れなマグロ・・・
だからマグロを食する人は嫌いです。
飽食の時代、グルメを気取るのは野暮でしょう。

鹿との衝突は、単なる物損事故で法的責任は無いのですが、
判断力を持たない鹿を思うと人身事故よりも罪深さを感じます。

・・

Post a Comment